• HOME
  • 高野竹工株式会社について

About

高野竹工は良質の竹の産地として知られる京都府長岡京市に工房を構え、製品作りをしています。工房では指物、漆、蒔絵など様々な技を持つ職人が、茶道具から日用品に至るまで、多彩な商品の製作に携わっています。

高野竹工株式会社について
高野竹工株式会社について
高野竹工株式会社について

弊社では、スタッフが実際に竹林に入って整備を行い、竹を伐採し、油抜きを行います。
さらに汚れをふき取った竹は何年も乾かされ、また材料として工房に戻ってきます。その後職人が丹誠を込め製作し、皆様の元へ製品となってお届けしております。

弊社の創業者である先代社長、不窮斎(ふきゅうさい)高野忠男〔平成22年没〕は、生家が戦前から京都市内で竹工芸店を営んでおりましたので、幼少より竹に親しみ、その美しさに傾倒していました。
なかでも自然界における竹の美しさを茶道具に用いた千利休居士の心眼に感服し、茶道具作家としての道を歩むことになりました。茶杓、蓋置、花入をはじめとした積極的な創作活動に取り組み、他に類を見ない卓越した作品を世に提供してきました。「自然がつくる竹の美」の追求に終生を費やしたと云えましょう。
現在もその遺志と技術は脈々と次世代の職人に受け継がれています。竹以外も含めた自然素材と向き合い、新たな息吹を吹き込むべく上質な茶道具作りを続けています。

高野竹工株式会社について
ページのTOPへ